ホテル周辺の観光案内

国定公園 亀山公園

国定公園 亀山公園

徒歩 2分
亀山(きざん)公園は日田温泉近くにある丘陵の公園。
山頂には日隈神社があり、後醍醐天皇、春日大明神、楠木正成の3柱を祀り、拝殿には大久保利通が書いた「龜翁山」、西郷隆盛の書いた「日隈神社」の扁額がある。
「日田川開き観光祭」の発祥地でもあり、春には桜の名所となる。
島内資料館「いちろう」

島内資料館「いちろう」

徒歩 2分
亀山公園駐車場前にある、島内資料館「いちろう」
市内で銘木商も営む当ホテル社長である佐藤重利が私費で建設し、施設の管理者である島内振興協議会を通して市に寄贈した。展示品は佐藤のコレクションの一部で山頭火の書や日田の先哲平野五岳や広瀬淡窓の屏風、掛け軸、など
【開館時間】9:00-17:00 【入場料】無料
【休館日】毎週水曜日(水曜祝日の場合開館)・年末年始
日田祇園山鉾会館

日田祇園山鉾会館

徒歩 1分
日田祇園山鉾をはじめ、祭礼の調度品や祭礼に関する資料や、隈町400年の書画・骨董や豪商に代々受け継がれてきた雛人形や武者人形類を常設展示している資料館。
【開館時間】9:00-17:00
【休館日】毎週水曜日及び12月29日-1月3日
黎明館(ひた押し花美術館)

黎明館(ひた押し花美術館)

徒歩4分
大正5年に大分銀行日田支店として建てられた洋風の建築物で、大正ロマンを感じさせる赤煉瓦を配した美しい外観。その後、病院として使われていた時期を経て、平成13年4月に押し花体験ができる「ひた押し花美術館」として生まれ変わり、日田の新名所となりました。
【営業時間】9:00-17:00
【休み】水曜日・盆・年末年始
※お手軽押し花額体験は事前にご予約が必要です。
黎明館(ひた押し花美術館)
咸宜園

咸宜園

徒歩12分
1817年に廣瀬淡窓が開いた私塾跡、江戸時代末期の姿に復元されている。 咸宜園は武士だけでなく、どんな身分でも、男女を問わず平等に学ぶことができた私塾。
【開館時間】10:00-16:00
【休園日】年末年始
【入園料】無料
咸宜園
咸宜園教育研究センター

咸宜園教育研究センター

徒歩12分
咸宜園や廣瀬淡窓、門下生等に関する調査研究を行う施設として、また咸宜園跡を訪れる来園者への解説案内の施設として建設されました。
咸宜園に関するガイダンス映像や体験学習用教材をご用意しているほか、関係図書や資料が閲覧できる研究室もあり、収蔵品や門下生情報等がパソコンで検索することができるなど、子どもから大人まで幅広い利用ができる施設を目指しています。
【開館時間】9:00-17:00(入館は16:30まで)
【休館日】毎週水曜日(祝日の場合はその翌日)、年末年始
【入館料】無料 ※ただし、研修室を優先利用される場合は有料。(利用時間は3時間まで)
咸宜園教育研究センター

国指定重要文化財 草野本家

国指定重要文化財 草野本家

徒歩 16分
元禄元年(1688年)以来明治まで生ロウ製造を業とし同時に郡代御用達をしていた掛屋時代の店、屋敷、庭をそのままに年4回公開、その都度、草野本家ならではのものを展示しています。大分県有形文化財指定を受けている県最古の商家です。
【開館時間】10:00-16:00(公開期間中は無休)
【公開日】
ひなまつり:2月下旬-3/31
端午の節句:4/29-5/31
祇園まつり:7/15-7/31
天領まつり:10/15-11/23
【入館料】大人550円  中高生250円
※草野家の雛人形はひなまつり期間中のみです
草野本家
天領日田資料館

天領日田資料館

徒歩18分
天領日田資料館は、国指定重要文化財「草野本家」の隣にある歴史資料館。 豆田地区の町並み保存運動の拠点として、また天領歴史の語り部として、豆田町に登場した施設です。
「天領日田と町人文化」にかかわる諸展示品をお楽しみ下さい。
【開館時間】9:00-17:00
【休館日】水曜日
【入館料】大人310円 小中高生210円
天領日田おひなまつり

天領日田おひなまつり

日田市内豆田町、隈町の旧家に伝わる絢爛豪華ひな人形を公開するおひなまつり。
【開催期間】毎年2月15日より3月31日(施設によって開催期間が異なります。)
三隈川鵜飼い

三隈川鵜飼い

三隈川に浮かんだ屋形船の間をぬって行われ、400年の伝統をもつ日田自慢の風物詩。
【期間】毎年5月20日より10月末日まで
三隈川屋形船

三隈川屋形船

200年の伝統を誇る屋形船は、40捜以上の屋形船が川面にならぶ姿は古くより鵜飼いに並ぶ日田の風物詩となっています。
小鹿田焼

小鹿田焼

300年の技法をそのまま伝える、一子相伝の民陶の里
小鹿田焼(おんたやき)は、大分県日田市の山あい、皿山を中心とする小鹿田地区で焼かれる陶器。
李朝系登り窯で、飛び鉋、刷毛目、櫛描きなどの道具を用いて刻まれた幾何学的紋様が特徴。
陶芸技法が1995年に国の重要無形文化財として指定され、2008年3月には地区全体が「小鹿田焼の里」として重要文化的景観に選定されている。
日田川開き観光祭

日田川開き観光祭

徒歩 2分
巨大仕掛け花火など1万発、西日本最大のスケールを誇る花火大会。
【開催期間】毎年5月20日過ぎの土曜日・日曜日の二日間
日田鮎やな場

日田鮎やな場

自転車 3分
放流されて育った鮎(地鮎)や伏流水で育った鮎をおいしい時期だけ提供する鮎料理専門店。
【営業期間】7月中旬より11月初旬まで
サッポロビール九州日田工場

サッポロビール九州日田工場

車で 15分
九州屈指の水郷日田の名水を100%使った、サッポロビール工場です。ビール製造工程の見学のほか、ご家族で楽しめるレトロタウンやビール園、物産館なども併設。
【営業時間】10:00-22:00
【見学受付時間】
平日 9:45-16:00 土・日・祝日 8:45-16:00(要電話予約)
サッポロビール九州日田工場
いいちこ日田蒸留所

いいちこ日田蒸留所

車で 16分
本格焼酎の製造から貯蔵までをご覧頂くことができます。所内の自然の中を散策したり、試飲ショップでテイスティングをお楽しみいただけます。
【営業時間】10:00‐16:00
【入園料】無料
【定休日】毎週火曜(祝日の場合は営業)・盆・年末年始
いいちこ日田蒸留所